オレはVOCALOIDを使っていますその過程でMIXの技術も身につき 人間の歌をMIXすることも出来るようになり 歌い手さんの専属のMIX師にもなっていますが やはり 人間なので歌いたい歌もあれば歌いたくない歌もあります歌ってみたのMIXをしてあげているからオレの歌を歌ってくれていうのも可能です 現に歌ってもらったりもしていますが 何でもかんでも歌ってくれっていうのも 相手にとっては面倒なものですでも VOCALOIDは文句は言わないですwwそして 自分の歌わせたいように歌わせることもできます(人間のように自由自在って訳にはいかないですけど)そういう部分でVOCALOIDっていうのは とても都合のいいツールだと思いますあと キャラデザインですね ヲタク(言い方は失礼かもしれないですが)の人達は 萌えキャラが大好きです キャラデザが可愛いキャラに歌わせて そしてその声が可愛ければ 「いい!」と思うのは当然です そして3次元のように彼氏を作る心配もないのでww安心してwそのキャラを応援することが出来るわけですそして 2次創作の過程でそのキャラにキャラ設定ができ(ミクがネギが好きとかリンはロードローラーを使うとか)そういった 部分でキャラが一人歩きを始め VOCALOIDというツールを超えた ひとつのキャクターが歌を歌っているという事のなっていると考えられます道具であり ツールであり シンセサイザーの一種であるVOCALOIDがここまで受け入れられたのにはこういった背景があると想像しますそれを人と想定するのは無理があり それを心酔する人はどうかと思いますが それも現在の音楽の1つの形であり 受け入れるか受け入れないかは その人次第と言えますなので 無理に否定するのではなく 自分に合うか合わないかで判断するといいと思いますつまり VOCALOIDというのは人間の代替品であると同時に 人間に取って代わるものでもあるということですどうしても VOCALOIDの声が納得いかない場合は その作品の歌ってみたを聞くといいと思いますそうすることで VOCALOIDの声が嫌であっても その曲自身は好きになる可能性がありますどういう形であれ 人が制作して人に聞いて貰いたいと思って 公開した曲なので 声がダメだからだけで否定するのは可哀想です